ゲーム業界の将来は?

2018/09/27

名文路代表・谷崎央佳です。
本日もがんばってブログを更新いたしました。

同業者で飲み会をすると、次の話題がかなりの確率で出ます。
「ゲーム業界はこの先どうなると思いますか?」と。

この数年というもの、ソーシャルゲームは
日本において大変な活況を呈しています。
ぶっちゃけこの流れはどれくらい続くのか? ということを
みなさん知りたく思っているわけですね。

僕の見解を述べますと、
「わかりません!」
そのひと言以外、何もありません。

スマートフォンが普及する少し前の
2005~2009年あたりは、DSやPSPなどの
携帯ゲームハードがとても強く、
電車内や喫茶店などでも
夢中になって遊んでいる人を多く見かけました。

その当時、
「数年後にはスマートフォンという媒体が登場して、
ソーシャルゲームが台頭するよ!」なんてことは
誰にも予測しようがなかったわけです。

ソーシャルゲームにしてもどうなるかはわかりません。
自信をもって未来を断言することはできません。

それでも僕の考えでは、ストーリーを必要とする媒体は
この先、数が減ることはあるにせよ、
完全になくなったりはしないはずです。

ですので僕自身は、
「ストーリーを作る」「文章を書く」という核の部分は保ちつつ、
時代の変化に合わせ、柔軟に対応していくまでです。

実際、そういう考えからローカライズのお仕事も
手掛けさせていただいている次第です。

本日もお付き合いいただきまして
誠にありがとうございました。