ソーシャルゲームのガチャについて

2018/09/29

名文路代表・谷崎央佳です。
またまた何とかがんばってブログを更新いたしました。

「ガチャについてどう思うか?」
という話題で同業者さんたちと盛り上がる時があります。

ガチャの功罪については、業界内外の人が
さんざん語り尽くしていますし、
僕も何か特別な意見を持っているわけではありません。

ただ、売上の何%かが
シナリオライターの懐に入って来るわけですから、
これだけお仕事を生み出してくれるソーシャルゲームおよび
ガチャシステムのことは、素直にありがたく思っています。

それにしても、自制のできる年齢になってから
ソーシャルゲームに巡り会えたのは本当に幸運でした。
僕が学生の頃、ソシャゲをプレイできる環境があったとしたら、
自由になる時間のすべてをぶっ込んでいたに違いありません。

「あの時間をもっと別のところにあてていれば……」
と、ただでさえ思うことが多いわけですから、
ソシャゲがそこに乗っかった場合、
自分に嫌気が刺すレベルになってしまっていたでしょう。

取引先企業様によってはご厚意で
無償の石を下さることもありますので、
それを使って100連ぐらい回し、プチ贅沢を味わうこともあります。
あの時の脳の感覚は確かにヤバいですし、
お目当ての☆5が当たった時もヤバいです。

まあ、ガチャについてどうこう言うよりも、
(既にどうこう言った気もしますが)
クライアント様の売上に結びつく作品を上梓する。
それが自分の姿勢です。

本日もお付き合いいただきまして
誠にありがとうございました。