お仕事をする上で一番重要な要素

2018/10/05

名文路代表の谷崎央佳です。

少し前のことになりますが、知り合いのアニメ監督とお話をしました。

その時、「どういうアニメーターを優先して使うか?」について
監督から持論をお聞かせいただきました。

監督が最重要視する要素は、
「100点満点でなくていいから、
 水準以上のものを納期までに必ず間に合わせてくれる人」
だそうです。

「その人から納品物を受け取って、あとは多少直す。
 それで充分、現場は助かる」
とおっしゃっていました。

「これって割とシナリオでも言えることだな」
と僕は思いました。

僕もやはり、どういう基準でライターさんに
お仕事をお願いするかと言えば、
まったく同じ部分で判断します。

当たり前の話ですが、早く完成させれば推敲の時間がたっぷり取れます。
クライアント様に早めに確認していただき、
フィードバックを受けてクオリティをアップさせることも
可能になります。

これだけ世の中のサイクルが速くなってしまいますと、
スピードでクライアント様にご満足いただけないことには
商売が立ちゆかない、少しでも努力しなくては、
と考えております。

ただし、「早いけれど雑」だと
受け取った側の印象は大きく下がります。
これについては自分に常々言い聞かせており、
書き上げた後は頭を冷やしつつ
最低2回は推敲の時間を取るようにしております。

本日もお付き合いいただきまして
誠にありがとうございました。