ペースの把握と管理

2018/10/08

名文路代表・谷崎央佳です。

僕の名刺をお持ちの方はご存じかと思いますが、
裏面に書いてある言葉通り、僕はスピードを最重視しています。
(※具体的に何が書いてあるかにつきましては、
 ぜひ何かの機会に僕から直接名刺を受け取り、確認してください)


「新しいお仕事(企画・プロット系)を受けることになったのですが
 適当な〆切がわかりません、
 どうすれば自分のペースを把握・管理できるのでしょうか?」

と、以前にご質問を頂いたことがありましたので
その回答を交えてお話をします。

僕の見解は、
「『適当』なペース配分を最初から考えないこと。
 まず丸1日使い、脇目も振らずに全力で打ち込んでみる。
 その結果、半分以上終わらなかった場合、
 お仕事の難易度は相当なもの。
 〆切までの残り日数と照らし合わせ、
 必要があれば後回しにせず、その時点で〆切延長をお願いする」

です。
(ただ、もちろん「長編小説の本文」のような
 純粋に分量を要するものは例外です)


ここから先は企画・プロットに限らず、提出物全体のお話ですが、
早め早めに納品してくれるライターさんに対し、ディレクターさんは
「お、キャパシティにゆとりがあるんだな。
 じゃあもっとたくさんお仕事をお願いしようかな」

ごく自然に考えてくださいますし、僕も同じふうに考えます。
熱意の顕れとも取ってくれるかもしれません。
提出物のクオリティさえ水準以上であれば
最高の自己アピールになるでしょう。

本日もお付き合いいただきまして
誠にありがとうございました。