ジェフリー・ディーヴァー氏

2018/10/09

名文路代表の谷崎央佳です。

たまには自分の好きな作家の話をしてみます。

自分が必ず最新刊を買い求めており、
サイン会が開催されるのであればその日のスケジュールを真剣に検討するのが
ジェフリー・ディーヴァー氏です。

やはりこの方の最大の魅力はツイスト、「どんでん返し」です。
毎回毎回、鮮やかに読み手の死角を衝いてくるその手腕に
魅了されっぱなしです。

長編も良作ばかりですが(特に「コフィン・ダンサー」は白眉!)、
既刊の2冊の短編集
「クリスマス・プレゼント」「ポーカー・レッスン」
どちらも素晴らしいです!

ただ、自分も2014年ぐらいまでは
ミステリ小説ばかり読んでいたのですが、
ここ最近はSF小説・ホラー小説を読むことがとても多くなった気がします。
ソーシャルゲームのお仕事の影響かどうか、
ワンアイディアで深く魅せる小説に惹かれはじめたようです。

まあそれはそれとして、ディーヴァー氏は別格。
首を長くしてリンカーン・ライムシリーズの新刊を待ち望んでいる
今日この頃です。

本日もお付き合いいただきまして
誠にありがとうございました。