中国語の勉強②

2020/01/23

名文路代表・谷崎央佳です。

さて、中国語の何が難しいかと言ったら
1も2にも「発音」です。

まず、そもそも日本語にはない発音も
マスターしなければいけませんし、
(ウムラウトなど)
ピンインの読み方も習得しないといけませんし、

さらには「声調」というものがあって、
言葉のちょっとした抑揚によって
意味がまるで別物に変わってしまいます……。

発音関係に関しては、とにかく英語よりも
ずっと厳しくて難しいというイメージですね。

唯一の救いと言ったら
漢字に馴染みのある日本人にとって
リーディングだけなら直感頼みでも
ある程度まではなんとかなる、という点ぐらいでしょうか。

ただまあ、頑張って毎日続けたところ
最初よりは勉強が苦痛にならなくなったので
この先も続けていくまでです。

本日もお付き合いいただきまして
誠にありがとうございました。