シナリオの需要

2021/12/14

名文路代表・谷崎央佳です。

だいぶ長い間ほったらかしにしてしまったため、
気がつく限りはブログを更新し続けたいと思います。

先週、業界人お二方とお会いする機会がありまして、
「最近シナリオ業界はいかがですか?」とご質問を受けました。

コロナ禍以降、横の繋がりが薄れてしまった事は否めず、
同業他社様の状況は分かりかねますが
自分の皮膚感覚的に言えば、
世の中に出回っているシナリオの仕事は
17-18年頃に比べれば
50%以下に減っている感じはあります。


弊社もコロナ禍以降、基本的には
以前に関わらせて頂いたタイトルをきっかけに
継続して同じクライアント様に使って頂いている事がほとんどで、
新規のお客様はだいぶ少なくなりました。

さらに最近は、お隣の国の不動産関係の動きが怪しく、
それがいつどのような形で
日本のゲーム業界に波及するかがわからず、
不透明感は強まっている気がします。

本日もお付き合いいただきまして
誠にありがとうございました。